電力事業部からお客さまの
「電気の安全」を守る。
電気に真摯に向き合う点が
入社の決め手

電力事業部 企画開発課
班 長下地 美登莉(2015年新卒入社)

獨協大学 法学部卒業。入社後、横浜第一営業所に配属される。なかなか信頼を得られないお客さまに対しても、諦めず丁寧な対応を続けた結果、翌年班長に昇格。2017年9月に電力事業部へ異動し、滞りなく電気を供給できるよう、電力会社や工事会社など関係各所への手続きを行う。

※掲載内容は2017年11月時点のものです。

MIDORI SHIMOJI

入社のきっかけ

お客さまに安定して電気を供給し、安全に使っていただく。
電気に真摯に向き合う会社

学生時代にインドを旅行した際、電力不足による輪番停電が行われていて、私たちの生活は電気に支えられていると改めて感じました。また、所属していた国際法のゼミでは、エネルギーをテーマとした国際会議のシミュレーションを行い、各国の発電事業について学びました。こうした経験がエネルギーについて興味を持つきっかけとなり、将来は「電気の安全」を守る仕事に就きたいと思うようになりました。日本テクノは、電気の保安業務からスタートし、省エネ支援、電力小売と事業を拡大してきた会社です。お客さまに安定して電気を供給し、安全に使っていただく。電気に真摯に向き合う会社だと感じ、入社を決めました。

Pick Up!

電力事業部 企画開発課の業務内容

電力事業部 企画開発課は、電気料金の請求業務をはじめ、新たに電力供給を行う切り替え手続き、さらにキュービクルの容量変更などに伴う工事申請を行う。お客さまだけでなく、電力会社や電気管理技術者、工事会社とやり取りするため、幅広い知識が必要となる。

STEP UP

営業部で培った知識・経験を活かして

異動後は不安もありましたが、営業時代、電気料金の仕組みや電気設備などの基礎知識について勉強してきたため、自信をもってお客さまの問い合わせに対応できています。新しい業務に取り組むうえで、営業の経験が役立っています。

保安技術の向上

夢に描いたことは実現できる

お客さまに省エネを提案する営業職もやりがいがありましたが、その経験を活かし、いつかは電力事業にも携わりたいと考えていました。幸いにも現在は電力供給を手がける電力事業部に在籍しています。自分の夢に向かって、日々努力し続けることがモットーです。

仕事のやりがい

仕事のやりがいはそれぞれにある

営業部でのやりがいは、お客さまに信頼されるよう努力すれば、「契約」「感謝の言葉」という答えが返ってくること。また、売上目標を達成したときの営業所の一体感は忘れられないものです。一方で今は、目まぐるしく変化する電力業界のなかで、当社がどのように適応していくべきか考えるチャンスをもらっています。勉強し続けることを仕事にできてうれしく思います。今後は新聞や審議会の資料を読んで専門性を深めていき、将来は会社の方向性を考えていける社員になりたいです。

1日の業務内容

  • 09:00

    朝礼

  • 09:10

    新聞の質疑応答

  • 09:30

    電気料金の請求業務

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    書類作成

  • 15:00

    新規の電気力供給手続き

  • 18:00

    終礼

休日の過ごし方

当社には長期有給休暇取得制度があり、定められた期間内に長期の休みをとることができます。その制度を利用して、毎年海外旅行に行っています。

2016年のエジプト。
ラクダに乗ってピラミッドの周りを散策。

2017年の台湾。
龍虎塔は、パワースポットとしても有名です。

TopTop