お客さまの喜びが私のエネルギー
失敗を恐れない
経験することが自分を成長させる

営業部 埼玉支店 さいたま第一営業所
齊藤 悠真(2017年新卒入社)

日本大学 生産工学部卒業。入社後、社会人としての基礎を徹底的に身に付ける外部研修先の管理者養成学校を首席で卒業。自分の弱さをさらけ出し、認めることを学んだ。失敗しても諦めない強い信念とやさしさを持って、お客さまに対応する。

※掲載内容は2018年12月時点のものです。

入社動機

お客さまと二人三脚で取り組む
「省エネ アシストサービス」に魅力

高校1年生のとき、東日本大震災の影響により原子力発電の稼働が見直されました。それをきっかけにエネルギーに興味をもち、大学では環境安全工学(電気・環境など)を専攻。就職活動もエネルギー業界に絞って進めました。日本テクノの説明会に参加すると、発電や電力小売事業だけでなく、お客さまの電気の使い方を改善する「省エネ アシストサービス」も行っていると知りました。契約後もお客さまに寄り添っていく、そうした日本テクノの営業スタイルに魅力を感じ、入社を決めました。

入社動機

なにごとも経験して学んでいくこと。
失敗から改善点が見える

省エネ アシストサービスに興味をもったことがきっかけで入社しましたが、配属後はまず当社が力を入れている飛び込み営業からスタート。1日目は所長に同行してもらい、2日目からは1人で電線を見ながら高圧物件を探し訪問しました。とにかく怖くて名刺を渡して逃げるように帰っていたことを思い出します。しかし、いま思えば早く現場に出てよかった。まず経験しなければ失敗は改善できないのだから。
初めはサービスの良さを伝えようとする余り説明を詰め込んでいましたが、まずお客さまから話を伺い、その課題に沿った提案をする営業手法に変えたところ、契約を上げられるようになりました。初契約の喜びは忘れられません。今は新規営業と省エネ アシストサービスを半分の割合で行っていますが、それぞれにやりがいがあります。


元気の素はお客さまの「ありがとう」

新規営業でお客さまに導入のメリットを感じていただけないと落ち込むこともあります。そんなときは省エネ アシストサービスが元気の素。電気の使い方をアドバイスしたことで「電気料金を改善できた」「従業員の省エネ意識が高まった、ありがとう」というお言葉をいただくと、それがモチベーションにつながり、また他のお客さまの役に立ちたいと思うんです。

仕事の魅力

周りのサポートが充実している環境

私の営業所は明るく賑やかな雰囲気。わからないことは丁寧に教えてくれます。すぐ上司や同僚に相談できる環境があるからこそ、悩んだり失敗したりしても問題が大きくなる前に解決できる。アドバイスをもらったことは、素直に実践するようにしています。また、飲み会ではプライベートな話題をきっかけにいじられキャラが定着。楽しい時間を過ごしています。

この先も初心を忘れず、お客さまを大切に思う

やはり初契約のお客さまへの思い入れは強いです。せっかくご契約いただいたなら喜んでほしい。だから定期的に訪問し、きちんと成果が出るよう努めます。また、小さなことでも役に立ちたいという思いから、お客さまのちょっとした困りごともお手伝いしています。今そのお客さまとはプライベートでも会える仲。これから担当のお客さまが増えていきますが、一社一社を大切にする気持ちを忘れず、頼られる営業でありたいです。

1日の業務内容

  • 8:50

    出社

  • 09:00

    朝礼

    支店長より社内ルールの通達、他支店の成功事例など連絡事項あり。

  • 10:00

    営業所出発

  • 11:00

    A社訪問(クロージング)

    経理担当者と商談し見積書を提出したが、まだ返答がない。社長さまにもサービスをご案内し、改めてご検討いただけることになった。

  • 11:30

    B社訪問(飛び込み営業)不在

  • 11:45

    C社訪問(飛び込み営業)名刺交換

    現場担当者と名刺交換できた。後日アポイントを取り、電気の使用状況から把握する。

  • 11:50

    D社訪問(飛び込み営業)不在

  • 12:00

    昼食

    早めに昼食を済ませ、次回のセミナーで使う資料を準備する。時間をムダにしない。

  • 13:30

    E社訪問(電力データ使用実績の提出、省エネ活動の提案)

    昨年、室外機が凍った失敗を振り返り、冬に向けた省エネ活動をご提案。この会社で行われている働き方改革の取り組みなども伺い、自身の時間の使い方を見直すきっかけになった。

  • 15:15

    F・G社訪問(飛び込み営業)不在

    省エネ アシストサービスのアポイントを取っていたが、お客さまのご都合が悪くなったため、予定を変更して飛び込み営業を続ける。

  • 16:45

    帰社

  • 17:00

    勉強会

    社内ルール変更にあたり、事務員から作業手順をレクチャーしてもらう。書類に不備が出ないよう正確に入力する。

  • 18:00

    終礼

    本日の成果を所長に報告。

  • 18:30

    退社

休日の過ごし方

同級生が所属するチームでフットサルをしています。また、仲のよい同期と旅行に行くこともあります。これまでディズニーランドや大阪旅行などに出かけました。管理者養成学校でともに男泣きした熱い仲です。(笑)

同期と大阪のUSJに行きました。別の拠点で働いていても仲がよいです。

プライベートで休日に静岡へ旅行したときの写真です。

TopTop